pwdコマンド : ワーキングディレクトリの表示

pwdコマンド : ワーキングディレクトリの表示 | qazqaz noteワーキングディレクトリの表示

現在のワーキングディレクトリを絶対パスで標準出力に出力します。

オプションは以下の通り。

  • -L : 論理的な現在のワーキングディレクトリを表示(シンボリックリンクが解決されない)
  • -P : 物理的な現在のワーキングディレクトリを表示(シンボリックリンクが解決される)

pwdコマンドは環境変数PWDを利用する。環境変数PWDには論理的な現在のワーキングディレクトリが入っている。

/bin/pwd は外部コマンドのpwdだが、シェルによっては組み込みのpwdコマンドを提供しているものもある。bashは組み込みのpwdコマンドが存在するため通 常はそちらが使われる。外部コマンドのpwdを使用するには、フルパスで指定するか、.bashrc等にaliasを指定して利用すればよい。外部コマン ドのpwdとbash組み込みのpwdの違いは、デフォルトのオプション。外部コマンドは-Pがデフォルトで指定され、bash組み込みのpwdは-Lが デフォルトで指定される。

実行例

# pwd
/root/test
# ls -l
drwxr-xr-x  2 root  wheel  512 Aug 18 05:19 aaa
lrwxr-xr-x  1 root  wheel    3 Aug 18 05:19 bbb -> aaa
# cd bbb
# pwd                // bash組み込みのpwdを実行。-Lがデフォルト
/root/test/bbb       // シンボリックリンクの名前が表示される
# /bin/pwd           // 外部コマンドのpwdを実行。-Pがデフォルト
/root/test/aaa       // シンボリックリンクが指している実際のディレクトリ名が表示される。
# /bin/pwd -L        // 外部コマンドのpwdを-Lを指定して実行。
/root/test/bbb       // シンボリックリンクの名前が表示される

未分類

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください